Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ココナッツオイルの効果・効能がすご過ぎる!【使い方まとめ】

スポンサーリンク

お腹まわりが気になりだしたので、”ダイエット”というキーワードで検索したら、ライザップと実体験を元にしたYouTubeの動画でした。


その中でも目にとまったのは『ココナッツオイル』でした。
ただ飲むだけ?肌に塗ってもいいし、洗顔にも使える!
オーラルケアにまでなるんだ、メモメモ。

今回使用したのはタイ産のココナッツオイル、もちろんオーガニックでコールドプレス製法のもの。
そもそもココナッツオイルってどれが良いの?

ココナッツオイルには大きく分けて二つの種類があります。

  • 精製ココナッツオイル(RBD)
  • ヴァージンココナッツオイル(VCO)

精製ココナッツオイルは、R:精製、B:漂白、D:脱臭と人工的に手が加えられているオイルのことです。時にはケミカルを用い、見た目はとても綺麗で透き通ったオイルが販売されていますが、表記にはRBDと記載されていると思いますので、まずそこをチェックしてみるのもいいですね。

ヴァージンココナッツオイルは、表記にVCOと略されて記されています。もちろん無添加、ノンケミカルですし、コールドプレス製法ならば40℃〜60℃以下の低温で圧搾されていることから、摂取時には酵素も一緒に身体の中に取り入れられます。

私たちにはヴァージンココナッツオイルが適していると思います。
購入時にはVCOを選ぶことをオススメします!

ココナッツオイルでダイエットするにはどうしたら良いの?

ココナッツオイルでのダイエット方法

ココナッツオイルは体内に取り入れた際、脂肪をすぐに燃焼させ、エネルギーに変えてくれる魔法のようなオイルです。

ココナッツオイルには身体の中から綺麗にする為のカプリル酸カプリン酸が多く含まれ、ダイエットにとても効果的に代謝を促進させてくれる作用があります。ほかにも、ラウリン酸を多く含んでいることにより、美肌効果にも優れています。 保湿性が高いので、お肌に塗ったり髪の毛のお手入れなどに効果的です。

■珈琲に入れてみる

フレーバー珈琲のように珈琲に入れることで、摂取し易く頂けます。表面に浮かんだオイルをその ままお召し上がりください。

■パンに塗ってみる

焼きたてのパンにバターの様に塗ることで、香ばしさと、まろやかさを堪能できます。お好みで塩で味を整えるのもオススメです。

■ヨーグルトに入れてみる

ヨーグルトにそのまま入れても、お好きな果実と一緒に混ぜても美味しく頂けます。蜂蜜を少し垂らすことで、まろやかさが増します。

■ご飯と一緒に炊いてみる

ご飯を炊くときにオイルを加えることにより、お米をでんぷんタイプを変えることが可能になり、 摂取量を減らさずにカロリー減を減らすことができます。

■肌に塗ってみる

ボディーローションとして直接肌に塗ります。普通のオイルとことなり、香りはすぐに無くなり、 べとつき感は塗っている最中に肌に浸透してしまうので感じません。特にカサカサした乾燥した肌に薄くのばす様にしてお使いいただくことで保湿効果が期待できます。

■顔に塗ってみる

お風呂上がりの洗顔後オイル額や頬に薄くのばします。保湿性が高いので、顔がスベスベになり肌質の向上に繋がります。

■オーラルケアとして使用してみる

オイル適量を口に含み、クチュクチュうがい時に使用することにより、歯周病や口内炎・口臭・虫 歯などの口の中の細菌によって引き起こされる病気の予防につながります。

■マッサージオイルとして使用してみる

ココナッツオイルをマッサージする際に使用することにより、保湿効果やリラックス効果が期待できます。冷え性やむくみ、肌荒れや足の疲れもとる効果もあります。

■頭皮ケアとして使用してみる

シャンプーする10〜15分前に頭皮に馴染ませ、満遍なくマッサージします。それにより頭皮の汚れも落とし易くなり、弱った頭皮や髪に潤いを蘇らせます。

■サンオイルとして使用してみる

オイル内の成分には紫外線をカットする効果があります。日差しの強い場所でのお肌のケアに、露出する場所に塗ることで、紫外線から守ります。

色々な使い方があるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする