Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オメガ3脂肪酸って何?どんな効果効能があるの?

スポンサーリンク

私は今年になってから100%天然オイルにこだわって、いろんなオイルを試してきました。

その中で”オメガ3脂肪酸”のことをよく分かってなく、ただそれが身体に良いということだけで、それがどう身体に効果的かまでは理解していなかったのです。

今日はそのオメガ3脂肪酸がどのように身体に良い働きをしているかをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
オメガ3脂肪酸はどんな食材に含まれているの?
 オメガ3系脂肪酸は、代表的な脂肪酸としてはα-リノレン酸(ALA)があり、α-リノレン酸は、人の体内で産生できない、必須脂肪酸のひとつです。植物由来の油では、エゴマオイルや亜麻仁オイルに多く含まれるほか、青魚含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系列脂肪酸です。ALAは、通常少量が体内でEPAやDHAに変換されます。オメガ3系脂肪酸は、筋活動、血液凝固、消化、生殖能力、細胞の分裂および成長など多くの身体機能にとって重要です。DHAは脳の発達および機能にとって重要です。

オメガ3脂肪酸が含まれている主な食品

  • くるみ
  • サケ
  • マグロ
  • サンマ
  • サバ
  • アジ
  • マス
  • カニ
  • ムール貝
  • カキ
  • エゴマオイル
  • 亜麻仁オイル

ここで紹介したのはごく一部ですが、ウチにはエゴマオイルとくるみがありました。

朝食にはよくサケを焼くことがあるので、一応摂取できている方なのか?

にオメガ3脂肪酸って美容・健康どんな効能があるの?

 オメガ3を意識して摂ることで体内のさまざまな不調を改善する効果が期待できます。

オメガ3は腸の悪玉菌を減らし腸内環境を整える効果があり、便秘解消に役立ち便秘による肌荒れの改善にもつながると言われています。
腸内の環境が良くなることで免疫力が上がり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する効果が期待できる点でも注目を集めています。

また、オメガ3は腎臓の働きをサポートし、全身の代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを整えることにもつながるため、高い美肌効果が期待できます。
強い抗酸化作用を持つため、活性酸素による肌ダメージを防ぎエイジングケアにも役立つと言われています。

他にも中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があり生活習慣病の予防に役立つほか、うつ症状の緩和やガン予防などにも効果があると言われています。

naris cosmeticsから引用

 脂肪酸ってなに?

 脂肪酸とは脂質のこと。たんぱく質、糖質と共に脂質は体の3大栄養素。以前は敵のように言われていましたが、不足しすぎると、シワ、シミ、タルミなどの原因に。いい脂質を適量摂ることは、むしろ健康と美肌に欠かせないようです。
そこでオメガ。まず初めに整理してみますと、オメガと名のつく脂肪酸は、オメガ3のほかに、オメガ6、オメガ9と3種類あります。ところが、同じ名前でも、この3つはぜんぜん性質が違うのです。
①オメガ3脂肪酸
アレルギーを押さえる。善玉コレステルロールを増やす。熱に弱い。亜麻仁オイル、青魚など。
②オメガ6脂肪酸
アレルギーを促進する。悪玉コレステルロールを減らすかわりに、善玉コレステルロールも減らしてしまう。コーン油など。
③オメガ9脂肪酸
悪玉コレステルロールを減らして、善玉コレステルロールは増やす。熱に強い。オリーブオイルなど。
オメガ3とオメガ6はまさに正反対で、実際に効果を打ち消しあうこともあるとか。一方、オメガ9は安定度が高いです。

dグルメから引用

どれも人間の健康に欠かせない大切なものなのですね!

摂取時には少し気をつけながら取り入れたいと思います。

twitterでの反応は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】秋鮭ふっくらサーモン【15切れ入り1050g】
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/12/20時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする