Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バナナの知られざる効能とは?食べる時間が決めて⁈

スポンサーリンク

年末旅行でタイに来ているんですが、道端でバナナが大量に売られているんです。

それも緑色のバナナで、食べると渋くて硬い!

話を聞いてみるとなかなか言葉が通じなかったが、買って吊るしておくと、

だんだんと黄色くなってくるので、そのタイミングで食べるみたいに言っていました。

こんなに道端に売っているいるのだから、何か身体に良いに違いない!

バナナについて少し調べてみた。

スポンサーリンク
栄養素が高い食品として有名なバナナ。
手ごろな値段で、1年を通していつでも食べることができるなど、手軽に手に入れられるという点などを理由に高い人気があります。
バナナがいろいろな効能を持っているということは有名ですが、実際にどのような効能を持っているのか知っているという方は少ないのではないでしょうか。

バナナの効能① むくみ予防

バナナに含まれているカリウムには、体内にある余分な水分を排出する機能があります。そのため、バナナを食べることで足や顔のむくみを予防することができます。

また、カリウムには脂肪燃焼効果もあることから、バナナにはダイエット効果もあると言われています。

バナナの効能② 便秘解消

バナナには食物繊維が多く含まれています。食物繊維には腸内の環境を整える効果があるため、バナナには便秘解消の効果も期待できます。

食物繊維は様々な野菜や果物に含まれていますが、特にバナナは果物の中でも食物繊維が豊富なので、便秘解消を目指す方におすすめです。

バナナに含まれる食物繊維には水溶性、不溶性と2種類あります。異なった働きを持つこの2種類の食物繊維の働きにより、高い整腸効果を得ることができるのです。

日々の食事で野菜が不足していると感じられる方は、バナナを食べることで食物繊維不足の解消につなげることができます。

またバナナには、食物繊維以外にもレジスタントスターチという腸内環境を整える効果を持った栄養素が含まれています。

レジスタントスターチは消化されにくいという特徴を持っており、大腸まで届くと、大腸内の善玉菌により酢酸、酪酸、プロピオン酸など、腸内を弱酸性に保ちやすい成分に変化します。

これにより悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整えてくれるのです。

バナナの効能③ 代謝を向上させる

バナナには、糖質や脂質の代謝アップを促してくれるビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群には、体内の糖質を効果的に燃やし、エネルギーに変化させる効果があります。

このビタミンB群の働きによって、バナナに含まれる糖質をすぐにエネルギーに変えることができるので、バナナは運動前に食べると良いと言われているのです。

バナナの効能④ コレステロール値を下げる

バナナにはペクチンという栄養素が含まれています。ペクチンは食物繊維の一種で、コレステロール値を下げる効果を持った栄養素です。

またコレステロール値を下げること以外にも、血糖値の上昇抑制、疲労回復などの効果があり、太りやすい体質の改善にもつながります。

バナナにはさまざまな効果を期待できる栄養素が豊富に含まれています。


毎日バナナを食べることで、より健康的な生活を送ることができるようになるでしょう。しかし効果が高い分、食べ過ぎには要注意です。

例えば便秘解消効果などにより、バナナを食べ過ぎると下痢をするなどのリスクが高まることもあります。

また豊富な栄養素によって体重が増えることもあるので、ダイエット効果を期待しているからといってバナナばかり過剰に食べることは避けましょう。

1日1~2本を目安にし、朝に水分と一緒に食べることで、バナナの効果をより高めることができます。

RD SUPPORTから引用

twitterでの反応は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

訳ありバナナ12袋約8.4kg(約50〜60本)
価格:1890円(税込、送料無料) (2018/12/23時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする