アルブチンの美白効果でメラニン色素を除去してシミやそばかすを改善できる!

アルブチン
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

BeautyLab.です。

今回ご紹介するのは、美白効果を持つ成分で、多くの美白化粧品などに使用されているアルブチンという成分です。

アルブチンにはシミやそばかすの原因となるメラニン色素を除去し、改善する効果があり注目されています。

今回はそんなにアルブチンの特徴や効果効能を詳しく解説します!

アルブチンとは?

アルブチンとは、サンタベリーや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている美白成分です。

アルブチンはハイドロキノンという成分にブドウ糖が結合したハイドロキノン配糖体です。

ハイドロキノンとは、「肌の漂白剤」とも呼ばれ、美白剤として医薬部外品に認定されています。

また、アルブチンは、ハイドロキノンと同じく美白効果を持ち、メラニン色素の合成に関わる酵素であるチロシナーゼの働きを阻害するため、メラニン色素自体の生成を抑制します。

一般的に、シミやそばかすの原因となる過剰なメラニン色素の生成は、紫外線やストレスなどによって皮膚中に活性酸素が発生することによります。活性酸素による刺激が、メラノサイトといわれる組織を活性化させることにより、メラニン色素をつくり出す酵素であるチロシナーゼの働きを活発にさせ、メラニン色素が過剰に生成されます。

ハイドロキノンは、シミのもとであるメラニン色素を除去する働きに優れていますが、アルブチンはメラニン色素の生成を抑制する働きに優れており、同じ美白効果といっても違いがあります。

アルブチンは、ハイドロキノンとブドウ糖の結合方法の違いにより、α-アルブチンとβ-アルブチンに分けられます。

αアルブチンはサンタベリーや梨などの植物に含まれており、β-アルブチンはウワウルシに含まれています。

歴史的にはβ-アルブチンの方が長く、どちらも美白成分であることには変わりありませんが、α-アルブチンの方がβ-アルブチンより優れた効果を発揮することが近年の研究により明らかとなっています。

アルブチンの効果効能とは?美白効果でメラニン色素を除去してシミやそばかすを改善できる!

美白効果

アルブチンは美白効果を持つ成分として注目され、多くの美白化粧品などに配合されています。

肌が黒くなったり、シミやそばかすができたりするのは、体内で生成されるメラニン色素が原因です。

メラニン色素は、紫外線やストレスなどによって肌に発生した活性酸素によって、メラノサイトが活性化されることによって発生します。

活性酸素とは、本来、体内に入ってきたウイルスを攻撃し体を守る働きがあり、必要不可欠なものです。

しかし、体内に増え過ぎてしまうことで、正常な細胞まで攻撃してしまい老化を促進させたり、疾病を招いたりする恐れがあります。

現代人は多くのストレスを抱えており、それによって体内に活性酸素が増えすぎている状態にあります。

肌で活性酸素が過剰に発生すると、しわやシミ、そばかすの原因になります。

シミやそばかすは肌で発生した活性酸素が、メラニン色素をつくるメラノサイトを活性化し、酵素であるチロシナーゼの働きを活発にすることでチロシンというアミノ酸の一種からメラニン色素をつくり出すことにより発生します。

メラニン色素は、肌を紫外線などから守る上で欠かせないものですが、過剰に生成されることでシミやそばかすの原因となります。

アルブチンは、メラニン色素をつくり出す酵素、チロシナーゼに直接働きかけ、その働きを阻害しメラニン色素の生成を防ぎます。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今回は、【アルブチンの美白効果でメラニン色素を除去してシミやそばかすを改善できる!】

と題してお届けしていきました。

いかがでしたでしょうか?

アルブチンにはとてもメカニズムがしっかりした美白効果があるので、最近シミやそばかすにお悩みの方などは下記におすすめの商品を貼っておきましたので、是非試してみてください♪

白く美しい肌に導いてくれますよ♪

おすすめの商品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました