グリコール酸の特徴や効果効能は?古い角質を除去して美肌に!シミやニキビにも効く!

グリコール酸
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

BeautyLab.です。

今回ご紹介するのは、皮膚科でニキビの治療薬としてよく使われるピーリング剤に含まれているグリコール酸という成分です。

角質ケアの商品などでも使われていますが、短時間で目に見える効果が期待でき、現在再脚光を浴びています。

今回はそんなにグリコール酸の特徴や効果効能、使用方法などをご紹介していきます。

グリコール酸とは?

グリコール酸とは、フルーツ酸 (AHA) の一種である角質除去成分で、サトウキビやビーツ、パイナップルといった植物に元々含まれているいます。

グリコール酸はAHAの中でも最も分子が小さい為、肌に素早く吸収され、他のAHAよりも短時間で目に見える効果を生み出すことが出来ます。

また、肌を滑らかにする為に行うケミカルピーリングの分野でも今注目されています。

グリコール酸の効果効能

肌荒れやニキビの改善

グリコール酸は毛穴の汚れを取り除き、ニキビの治療薬として使われるのが一般的です。

これは、グリコール酸には強力な角質除去作用がある。皮膚細胞を埋め尽くし、毛穴の黒ずみや皮脂の原因となる古い角質を一掃してくれます。

また、グリコール酸は、肌のくすみや色むら、さらには小じわの改善にも役立つので、アンチエイジング商品やピーリング剤にも含まれています。グリコール酸によってコラーゲンの生成が促進され、肌の外層が厚くなるので、色むらのないふっくらとした美肌になることを示す研究結果も存在します。

古い角質を除去して美肌に!

グリコール酸には皮膚腐食作用があり、お肌に塗布することで、古くなった角質が柔らかくなり、剥がれて垢となるのを手助けしてくれます。

そして、シミやくすみ、ブライトニング効果や、小じわの軽減の目的などでも使用されます。

グリコール酸の使用方法

化粧水として使用

主に角質ケアの化粧水に配合されている場合が多く、グリコール酸配合の化粧水を朝の洗顔後のキレイな肌に塗り、その上に抗酸化物質を含む美容液や日焼け止めを重ねるのがより効果のある使い方です。

また、化粧水を使う際の注意点として、グリコール酸の成分は強めなので、グリコール酸の商品を使用する日には、レチノールや他のAHAといった角質除去作用のある化合物を使用することは極力控えることが望ましいです。

また、グリコール酸は敏感肌にも安心して使用出来るため、使いやすいです。

皮膚科で塗布

石鹸や化粧水に配合されているグリコール酸は、10%以下の薄く、ほとんど反応がないという研究結果もあります。

基本的にはご自宅などで毎日塗布しつつ、美容皮膚科にてケミカルピーリング剤としても塗布して貰うとより効果が期待出来ます。

グリコール酸の副作用

ケミカルピーリングは多くの皮膚科で施術することができますが、ケミカルピーリングは場合によっては皮膚炎を起こす方もいるので、医師とよく相談をしたうえで施術を受けるようにしましょう。

また、グリコール酸は30%以上の高濃度かつ、pH2以下の強酸では刺激が強く、まれに皮膚がヒリヒリと刺激を感じ、赤みや水ぶくれ、かさぶたなどができる方もいますが、大きな副作用も無く、効果も早く感じる方もいます。

薬剤が濃く、酸性度も強いグリコール酸はご自宅では施術できませんので、必ず医師の管理下で、1から2週間に1度程度の頻度で塗布してもらうようにしましょう。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今回は、【グリコール酸の特徴や効果効能は?古い角質を除去して美肌に!シミやニキビにも効く!】

と題してお届けしていきました。

いかがでしたでしょうか?

肌荒れやニキビの原因とも言われる角質の汚れですが、日々の洗顔だけじゃ中々落ちません。

色々試してはいるものの、ニキビや肌荒れが治らないで悩んでいる方は、一度ピーリングを施して、角質をすっきり綺麗にすることをオススメします。

下記にリンクを貼っておきましたので、興味がある方はご検討ください♪

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました