α-リポ酸の効果効能は?老化の原因活性酸素から肌を守る!

α-リポ酸
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

BeautyLab.です。

今回ご紹介するのは、わたしたちの細胞一つ一つに存在し、エネルギーの原料となる人間が生きるうえで欠かせない成分であるα-リポ酸という成分です。

またa-リポ酸には疲労感や肌の衰えといった老化現象の一因となる活性酸素から細胞を守り、健康な体と若々しい肌を保つ働きがあります。

今回はそんかa-リポ酸の特徴や効果効能を詳しく解説していきます。

a-リポ酸とは?

αリポ酸は、私たちの体をつくる細胞の中にあるミトコンドリアに存在している成分です。

ミトコンドリアは、1つの細胞の中に50~2500ほど存在し、心臓を動かすだったり、呼吸をするといった、生きていくために必要なエネルギーをつくり出しています。

ミトコンドリアで作られるエネルギーの元となるものが、ATP(アデノシン3リン酸)という物質です。このATPがつくられる時に生じるエネルギーが、生きていくための原動力となります。

ATPは、体内で溜めておくことができないため、ミトコンドリアでは絶えずATPがつくられています。

このATPがつくられる過程はクエン酸回路と呼ばれ、この回路そのものがスムーズに機能していなければ、疲労感や動悸、さらには生活習慣病などの疾病を引き起こしかねません。

αリポ酸はクエン酸回路に直接作用し、活性化を促します。

αリポ酸は、水溶性と脂溶性、両方の性質を兼ね備えているため、体内の全ての細胞に自在に入り込むことができます。

αリポ酸は、ミトコンドリアがスムーズにエネルギーを生み出すための相棒のような存在なのです。

α-リポ酸の効果効能は?

疲労回復効果

私たちが生きていくうえで、エネルギーは必要不可欠ですよね。

エネルギーがなければ、体を動かすことも、何かを考えることも満足にできなくなります。

αリポ酸は、細胞の中にあるミトコンドリアがエネルギーを効率良くつくり出すために必要な成分です。

エネルギーが常につくられることで、体を活発に動かすために必要な原動力も満たされるため、α-リポ酸を補うことで疲労を回復させる効果があります。

また、αリポ酸が持つ抗酸化力が細胞を活性酸素によるダメージから守り、疲れにくく、病気に負けない体をつくります。

もともと私たちの体は活性酸素から身を守るための力が備わっていますが、年齢とともにその力は衰えてしまうため、αリポ酸のように抗酸化力の強い成分は、疲労感の軽減にも適しています。

美肌効果

肌は体の老化の中で特に目立ちやすい部分です。肌の老化現象には、しわやシミやたるみといったものが挙げられますが、これらの現象は、主に真皮という部分に大きな関わりがあります。

肌は、真皮に存在するコラーゲンエラスチンによって、ハリと弾力が保たれています。

コラーゲンは、網目のような形で張りめぐらされ、肌にハリを与えています。

エラスチンは、コラーゲンによってできた網目の結び目をつなぐ役割を持ち、弾力のある肌をつくっています。

コラーゲンとエラスチンはたんぱく質であり、糖化によるダメージを受けると肌は硬くなり、ハリと弾力を失ってしまいます。

その結果、シワやたるみなどの肌の老化につながります。

αリポ酸が持つ抗糖化作用が、コラーゲンやエラスチンを糖化によるダメージから守り、ハリと弾力を保つことで老化に負けない若々しい肌をつくります。

また、肌は活性酸素が原因で老化が促進されるともいわれています。よって、抗酸化作用と抗糖化作用を併せ持つαリポ酸は、肌の老化予防に効果的だといえます。

糖尿病を予防する効果

糖尿病とは、インスリンという血糖値を正常に保つホルモンが少なくなり、エネルギーとして使われるはずの糖がうまく細胞に取り入れられず、血液中に残り、血糖値が高くなる病気のことです。

悪化すると全身の血管や神経などに悪影響を及ぼし、合併症を引き起こします。

糖尿病は、日本でも年々患者が増えており、問題視されている病気です。

αリポ酸は、糖が上手にエネルギーとして使われるように働きかけ、血糖値が上がりすぎないようコントロールし、糖尿病を予防します。

この働きを利用して、ヨーロッパでは、αリポ酸が糖尿病の治療薬として用いられています。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今回は、【α-リポ酸の効果効能は?老化の原因活性酸素から肌を守る!】

と題してお届けしていきました。

いかがでしたでしょうか?

最近お肌の衰えが気になる方や悩んでいる方は是非α-リポ酸を試してみてください♪

下記におすすめの商品を貼っておきますので、興味のある方は是非ご覧ください♪

おすすめの商品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました