プラズマ乳酸菌っていったい何?名前に隠された謎

サプリメント
スポンサーリンク

最近流行りの『プラズマ乳酸菌』。

先日喉が渇いたので、コンビニで飲み物を購入したらパッケージに大きく『プラズマ乳酸菌』って書いてありました。

じつは私自身乳酸菌と言うのは腸を活性化するために必要なものくらいの認識しかありません。

プラズマ乳酸菌の

プラズマってなんなの?

 

乳酸菌とは

乳酸菌とは、炭水化物などの糖を消費して乳酸をつくる細菌の総称です。腸内にすむ細菌のバランスを整えることにより、健康に役立っています。乳酸菌の種類は多種多様で、腸内を酸性側に傾け腸内の腐敗を抑えたり、腸のぜん動運動を助けて便秘を改善する効果があります。

さらに最近の研究によって、免疫機能の向上や、中性脂肪・血中コレステロール値の低下といったはたらきも知られてきました。

そうしたことから、近年、乳酸菌はプロバイオティクス(腸内細菌のバランスを改善することによって健康によい影響を与える微生物)として注目されています。

引用元 もっとくわしく乳酸菌

詳しくは調べたことがなかったので分かりませんでしたが、乳酸菌は炭水化物から作られた細菌なんですね。

ではプラズマ乳酸菌はもっと凄いのでしょうか?

プラズマ乳酸菌ってなに?

免疫細胞の司令塔である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」に働きかけることができる世界で初めての乳酸菌です。

キリンが研究して、2010年に発見しました。

だから私たちは最近まで知らなかったんですね!

健康な人の免疫維持に役立つことが報告されているため、日々の体調管理をしっかりしたい人や、より元気に過ごしたい方、免疫が気になる方におすすめです。

プラズマ乳酸菌の特徴

これまで世界的にも免疫細胞の司令塔に働きかける乳酸菌は存在しないとされていました。

ところが、プラズマ乳酸菌は、司令塔に直接、働きかけることが分かりました。

これにより複数の免疫細胞が活発に働きだすと考えられます。

例えると、司令塔は監督、免疫細胞はプレイヤーのようなもの。

司令塔に働きかけることとは、監督がパワーアップしたのと同じで、プレイヤー役の免疫細胞が活発に働きだし、より健康な体づくりに貢献します。

既存の乳酸菌では不可能だった司令塔への働きかけを実現、ここがいちばんの特徴です。

まとめ

発見者の藤原さんが、司令塔のプラズマサイトイド樹状細胞に働きかけるので、仮名として『プラズマ乳酸菌』と名付けたところ、そのまま実名になってしまったということで、プラズマテレビや電気系のイメージのことではなかったですね。

ビール研究から35年かけて発見したという努力が素晴らしいと思います。

これからはプラズマ乳酸菌を率先して摂取してインナービューティーを目指します!

出典引用元 FANCL

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました