今話題!ビタミンC美容液には種類がある!それぞれの悩みにあった選び方とは?

ビタミンC
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

BeautyLab.です。

今回は、前回の記事(https://beautylab-th.com/vitaminc/)でご紹介した今話題のビタミンC美容液の正しい選び方についてご紹介していきます。

ビタミンCにはいくつか種類があり、それぞれのお肌の悩みによって、選ぶ基準も変わってきます。

皆様がより効果を実感出来る為に、その選び方を詳しく解説していきます。

ビタミンC美容液の選び方とは?

ビタミンCにはいくつか種類があり、その効果も商品によってさまざまです。

それぞれのお肌の悩みに合わせて商品を選ぶ必要がありますが、そこでビタミンC美容液の選び方をご紹介していきます。

ビタミンC美容液を選ぶべきおおまかなポイントとしては、

・効果

・ビタミンCの種類

この2つが基準になってきます。

化粧品というのはどうしても話題性が先行してしまい、人気の商品を選びがちですが、人の数だけあるお肌でそれぞれ悩みも違えば肌の性質も違います。

そんな中で、適切な選び方としては、自分にはどんな”悩み”があり、どんな”効果”を必要としているのかです。

そして、その効果が期待出来るビタミンCの種類に着目することで、あなたが選ぶべきビタミンC美容液が見えてきます。

この選び方を実践するためにも、まずはビタミンCの性質とビタミンC美容液に配合されているビタミンCの種類を紹介していきます。

ビタミンCの種類

ビタミンCは、有効な美容効果が期待できる成分です。

しかし、ビタミンCは光や熱に弱く、酸化しやすいことから、化粧品に配合しにくい成分ともいわれています。

その為、ビタミンC美容液には、ビタミンCの原液ではなく、角質層の深部までビタミンCの美容成分が浸透しやすくなるよう改良された、ビタミンC誘導体やビタミンC複合体という成分が配合されていることが一般的です。

また同じビタミンC誘導体のなかでも、その性質は主に3種類あります。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体には、ビタミンCと融合することでより早い浸透を促すリン酸系の成分リン酸アスコルビルナトリウムやリン酸アスコルビルマグネシウムが含まれていることが一般的です。

これによって、紫外線によるメラニン生成の抑制に効果的といわれています。

ただし、肌が乾燥しやすくなるといわれていることから、敏感肌の方は使用に注意が必要です。

脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体の乾燥しやすいという点をカバーすべく、油分を加えて保湿効果を持たせたものです。

高い保湿力が期待できる一方で、肌の油分が多い方や、ニキビができやすい方には注意が必要です。

両親媒性ビタミンC誘導体

両親媒性ビタミンC誘導体は、水溶性と脂溶性、両方の優れた点を融合した成分です。

また、肌への高い吸収力が期待できるパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naが含まれているため、年齢肌のエイジングケアに効果的といわれています。

今最も注目!成分安定型ビタミンC複合体!

数あるビタミンC美容液の中でも特に今注目されているのが、安定型ビタミンC複合体という成分です。

この成分はダーマロジカが独自の配合で、肌の角質層までビタミンCを安定的に届けるよう改良されています。

肌の酸化を防ぐリン酸アスコルビルアミノプロピルや、アスコルビルメチルシラノールペクチン、パルミトイルトリペプチド-5の複合体によって、肌のハリや、より輝きのある美肌へと導くサポートをしてくれる成分です。

また、樹木から抽出した保湿成分であるテルミナリアアルジュナエキスや、肌の潤いに効果的なチアシードオイルといった、肌に優しい自然由来の有効成分が配合されているため、低刺激ながらも高い美容効果が期待できます。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今回は、【今話題!ビタミンC美容液には種類がある!それぞれの悩みにあった選び方とは?】

と題してお届けしていきました。

いかがでしたでしょうか?

人の数だけ肌の性質もあるので、高いレビューの商品でも、話題性だけで選ぶのはおすすめできません。

まずは自分の肌の悩みやどんな効果を得たいのかなどに着目し、適切に選ぶことで、より効果を実感出来ることでしょう。

下記におすすめの商品を貼っておきましたので、興味のある方は是非ご覧ください♪

おすすめの商品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました