自宅で簡単効果抜群のホワイトニングテープとは?アメリカでは主流!

ホワイトニング
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

BeautyLab.です。

今回ご紹介するのは、アメリカでは歯を白くする為の定番アイテムであるホワイトニングテープをご紹介していきます。

日本でも人気YouTuberが紹介して大流行し、とてつもなく効果があると話題になっています。

今回はそんなホワイトニングテープの効果効能や使い方、デメリットなどをお届けします。

アメリカでは主流!ホワイトニングテープとは?

ホワイトニングテープとは、薄いフィルム上の素材でできていて、直接歯に貼りつければ、歯が白くなる効果があるテープのことです。

原理としては、漂白作用の高い過酸化水素が約10%含まれていて、それが直接歯に作用することにより、ホワイトニング効果があります。

効果もさることながら、他の自宅で出来るホワイトニングと比較しても、安く簡単に使用でき、尚且つ即効性もあるため、歯を白くしたいけど、時間がない方や、歯医者が高額で中々通えない方などには必見のアイテムです。

また、元々歯を白くする習慣があるアメリカでは日常的なアイテムとして使用されています。

日本でも人気YouTuberが紹介し、各方面で在庫が品切れになり、その直後は中々買えない状況が続きました。

ホワイトニングテープの効果効能

高濃度の過酸化水素で歯を真っ白に!

ホワイトニングテープに含まれている歯を白くする成分である過酸化水素ですが、日本では6%を超えてしまうと劇物となってしまいます。

これが日本で売られていない理由です。

しかし、正しく使用すれば、実際に害はさほどなく、アメリカで日常的に使用されているアイテムであるホワイトニングテープには過酸化水素が約10%も含まれています。

このテープを歯に貼ることで、過酸化水素が歯の表面の黄ばみなどの色素を漂白し、浮かせることで白くしていきます。

勿論過酸化水素の濃度によって、漂白作用が違ってきますが、多すぎるのも危険です。

アメリカで使用されている10%が主流ですが、もしこれを超える商品があっても買わないようにしましょう。

そして、効果を引き出す為には、過酸化水素が歯にムラなく広がるように、きちんとテープを貼ることが重要です。

ホワイトニングテープは正しく使用することで、抜群の効果があります。

何度か貼る練習をしていくことで、ホワイトニングテープスキルがグンと上がっていき、効果もより引き出していけるでしょう!

ホワイトニングテープの使い方

ホワイトニングテープを歯の表面に貼る

まずはホワイトニングテープを歯の表面に綺麗に貼っていきます。

綺麗に貼ることが一番重要で、それ次第でホワイトニング効果が変わってきます。

効果を引き出す方法としては、ホワイトニングテープを貼る前は、出来るだけ歯磨きは控え、軽く口をゆすぐ程度にするといいでしょう。

ホワイトニングテープを貼ってから、30分程放置します。

30分がベストタイミングと言われており、その間に歯の表面に付着している黄ばみなどの色素を溶かしてくれるので、時間は正確に測るとよいでしょう。

そして、テープを貼りつけている間は、なるべく口を動かすことは避けましょう。

また、歯並びが悪い人は、テープを上手く貼れない可能性があるため、美白部分にムラができてしまうことがあるので、注意が必要です。

時間経過後は歯磨きをする

テープを貼ってから30分程度経過したら、テープを丁寧に剥がしていきます。

剥がした後は必ず、入念に歯磨きをしましょう。

30分以上貼ると効果が更に高まるのでは?と思うかもしれませんが、それには注意が必要です。

30分がベストタイミングと言われていますが、30分以上経過してしまうと、過酸化水素が歯に浸透し過ぎてしまいら激痛を伴う恐れがあります。

特に知覚過敏に悩まされている人などは、ホワイトニングテープ使用時に痛みが出やすい為、ホワイトニングテープの使用を中止するか、事前に鎮痛剤を飲んで使用することをオススメします。

使用後は色の濃い食べ物は控える

ホワイトニングテープを使用した後は、表面の薄い膜が剥がれた状態になっています。

この膜は、一日経てば再石灰化しますが、その期間は歯に色が付着しやすい状態になっています。

その為、色の濃い食べ物などは極力控え、食事に注意する必要があります。

特に、色の濃い緑黄色野菜や、カレー、コーヒー、ワインなどは控えるようにしましょう。

また、外部からの刺激を受けやすい状態になっている為、酸性の食べ物などの刺激が強いものは出来るだけ避けた方が無難です。

ホワイトニングテープのデメリット

虫歯や欠けた歯などには使用してはいけない

ホワイトニングテープを使用する際に、必ずやってはいけないことがあります。

それは、虫歯や治療中の歯に使用することです。

使用してしまうと、痛みが強く出るので絶対に避けましょう。

また、神経の通っていない歯や、被せ物、詰め物のある歯は効果が出ない為、使用しても意味がないのでやめましょう。

白い美しい歯を手に入れたいのは勿論ですが、健康で元気な歯をしっかりキープしておくことも大切です。

日本人は知覚過敏になりやすい

日本人の歯は欧米人と比べ、知覚過敏が起こりやすいという特徴があります。

その理由は、日本人と欧米人では歯の性質に違いがある為です。

日本人の歯は厚みが薄く、神経の太さが欧米人と比べ、太い特徴を持つ一方で、欧米人の歯が日本人の歯と比較すると丸い形をしていて厚みがある特徴があります。

知覚過敏が起きやすい日本人の歯に、強いホワイトニングのお薬を塗ってしまうと、歯を通過して神経に届いてしまうケースも考えられます。

日常で冷えたものを食べた際などに、知覚過敏になりやすい人などは注意が必要です。

知覚過敏は通常ら24時間前後で和らぎますが、痛みが長期にわたる場合は歯医者さんに相談してください。

歯の神経にダメージを与えるリスクがある

抜群の効果と引き換えに、歯の神経にダメージを与えるリスクがあります。

日本人の歯は、神経が太く、歯の厚みは薄いという特徴があります。

その為、濃度の強い過酸化水素を歯に塗ってしまくと、神経にまで届いてしまう場合があります。神経に届いてしまうと、痛みが出ることは勿論、神経にダメージを与えるリスクもあります。

綺麗な白い歯を手に入れる代償として、健康的な歯を失ってしまっては元も子もないです。

まさしく、角を矯めて牛を殺すといったことにならないように注意しましょう!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今回は、【自宅で簡単効果抜群のホワイトニングテープとは?アメリカでは主流!】と題してお届けしていきました。

いかがでしたでしょうか?

ホワイトニングテープは効果抜群でアメリカでは主流とはいえど、日本人に使用することはそれなりのリスクや危険も潜んでいます。

そこを理解したうえで正しく使用することで、歯が綺麗になり、自信をもって笑顔を見せれる明るい人間となり、幸福に繋がることでしょう。

下記にリンクを貼っておきましたので、興味がある方は是非ご検討ください♪

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました